開口部が暮らしを豊かにする 建築家と建てる家 R+house薩摩川内

こんにちは!

今日もとってもいい天気でしたね!

外気温も、暑くもなく寒くもなく、

とても快適な季節でございます。

 

本日R+houseは1日中あらゆる窓を全開で

とーっても気持ちが良い1日を過ごせました♫

 

 

 

今日は晴れの日が大好きなTでございます!

 

いいお天気の空は、

こんなにも素敵な景色を見せてくれました

 

 

リビングにあるこの大きな窓から見える景色は

いつだって格別です。

 

 

 

 

 

ところでみなさんは、こんな窓のたくさんあるお家、

どんなイメージを持たれていますか?

 

 

 

 

わたしは以前、田舎の実家に住んでいました。

 

 

少し風が強い日は、ピューピューと窓から聞こえます。

窓際に行くと、夏は日差しが暑くて汗だく。

寒い冬はすぐ毎日結露をしてカビの発生もしょっ中です。

 

 

夜には泥棒が気になりますし、、

窓から景色を見ようなんてとんでもない(←言い過ぎ)

 

 

でも。それほど、窓に対してはあまり良い印象ではありませんでした。

 

 

 

 

しかし、R+houseのモデルハウスには

窓がたくさんあります。

建築家さんの建てるお家は、

いろんな場所に、素敵な窓がたくさんあります。

 

 

 

 

 

窓は季節の温度変化をとても感じやすい場所です。

そのためには、断熱性に優れた窓を

使用する必要があるんです。

 

 

以前のブログにも述べているように

断熱性能が高いお家には、  

断熱性にすぐれたを使用することが

必要不可欠なのです。

 

 

もちろんR+houseのおうちは、

断熱性に優れた窓である樹脂窓を使用しています。

また、気密性が高いため、エアコンの効きも抜群。

 

断熱性、気密性、そして耐震性も、

1棟1棟、数値化して、

目に見える安心を保証しています。

 

 

 

 

そうすることで、

このような高性能住宅は、

安心して大きな窓をたくさん取り入れたり、

建築家さんの思い描く景色を創ることが可能になります。

 

 

開口部(窓廻り)からは、

癒される美しい景色や、

太陽の光や熱、風邪や匂い、

音やコミュニケーションなど、

様々なものが入ってきます。

 

 

 

 

このモデルハウスで過ごしてみると、

わたしの窓へのイメージは、

だいぶ変わりました。

 

 

お家を建てる際は、わたしは絶対いい景色が見られる、

そんな窓をつけたいです。

 

 

朝起きて、朝食を並べて窓からの景色と

太陽の光を浴びて、気持ちよくごはんを食べたり。

 

 

コーヒータイムにはカウンターから見える景色も一緒に味わえる。

 

季節を感じて毎日を飽きさせない。

 

 

 

窓には私たちの暮らしを豊かにする力があるようです。

 

 

 

 

 

PRODUCT建築実績

すべての建築実績を見る